遺産整理で切手買取りの準備とは

MENU

遺産整理で切手買取りの準備とは

切手、記念切手買取りで必要なこととは

 

遺産整理で大量の切手、記念切手が出てきて処分に困っているという人もおられるかもしれませんが、そういう時は買取に出してみるといいでしょう。

 

買取といえばダイヤや貴金属、車、バイクというイメージですが、切手、記念切手買取を行う業者もちゃんとあります。

 

一般に遺産整理買取業者で引き取ってもらうこともできますが、切手、記念切手買取専門店のお店ならば買取り価格も有利となりますので利用をお勧めします。

 

いずれにしても切手は換金できるものなので、大量に出てきて処分に困っているならぜひ買取りに出してみましょう。

 

ただし、切手買取においては事前に準備しなければならないものがあること、またできるだけ条件のいい値段で買い取ってもらうために、買取店の価格を比較することも必要です。

 

買取りでは身分証明証の準備がいること

 

遺産整理で切手買取を行うときの事前に準備しなければならないものとは何でしょうか?

 

それは、買取を行うときに店頭で提示しなければならない自分の身分証明書のことです。

 

これは古物営業法という法律で決められていることですが、遺産整理に伴う切手買取を行うときは、売り手は身分証明書を提示しなければなりません。

 

お店からのお願いではなく法律に基づく決まりごとなので、売り手は法律を遵守して身分証明書を提示しなければなりません。

 

なぜ古物営業法なのかといえば、古い切手は古物に分類されているからです。

 

そして古物に分類されたものを取引するのですから、身分証明書の提出が必要になります。

 

ちなみに身分証明書の提出は年齢確認ではなく、切手の偽物や盗品の売買を防止することが目的といわれています。

 

身分証明のとはどんなものなのか

 

身分証明は、自動車免許証、健康保険証、もしくは日本国発行パスポートが一般的ものとなります。

 

持参を忘れずに身分証書を持っていくことにしましょう。

 

これはなぜかと言いますと、警察庁で定められている古物営業法にお店が遵守しているからです。

 

ですが、安心してください。

 

「株式会社 柴門」では古物営業法に定められた規則での確認義務のために個人情報の提示をお願いしています。

 

特に、記入頂いた個人情報、電子メールアドレスを裁判所その他政府機関(警察/金融庁/税務署など)の要請がある場合を除き、ご本人からのご希望やご承諾なしに、この電子メールアドレス情報を第三者に開示することは一切ありません。

 

未成年者の買取の場合は、保護者の同意書、保護者身分証明証コピー、未成年者本人の身分証明証が必要となりますので注意してください。

 

複数の買取店の価格を比較しておくこと

 

さて、せっかく売るからにはできるだけ高い値段で切手を売りたいと思われることでしょう。

 

切手を高く売るためには、二つのリサーチが必要になりますが、一つは切手買取の相場を知ること、もう一つは複数の買取店の価格を比較することです。

 

この二つのリサーチを事前に行うことが、高価買取の秘訣になることを覚えておきましょう。

 

買取相場を調べることは、中古車買取の場合と同じように、適正な買取価格の目安を知ることが目的です。

 

もし適正価格の目安を知らなければ、店頭で提示された価格が高いのか安いのかを判断することができないので、相場を知ることはとても重要なのです。

 

次に各店舗の価格の比較を行いますが、これは同じ商品でも店舗によって買取価格が違うため、その違いを知るために必要な比較です。

 

同じ切手でも高く買取ってくれる業者もあれば、安く買いたたくところもあります。

 

それを見極めるために各店舗の買取価格を比較する必要があるのです。

 

決して安く買い叩かれることのないよう、また商品価値に見合った額で買い取ってもらえるように、いろんな店舗を比較することが大事です。

 

また、郵送買取りの場合でも身分証明書の確認と住所の確認が義務づけられていますので、郵送買取りの手順からよく確認しておきましょう。

 

切手、記念切手買取りに必要な準備はこのくらいです。

 

あとは、切手、記念切手を忘れずに持っていくようにしてください。

 

郵送買取りの詳しくはこちら

 

切手、記念切手買取り準備のまとめ
1、身分証書の持参が必要となる場合があります。
2、切手、記念切手を忘れずに持っていくようにしてください。