株主優待券の買取とは

MENU

株主優待券の買取とは

今日の 買取価格っていくら?

買っ

・切手買取,記念切手買取
・年賀はがき買取,かもめ〜る買取
・官製はがき買取,古いはがき買取,印紙買取
・株主優待券買取
・商品券買取
・クオカード買取,テレカ買取,図書カード買取
・ビール券買取,お米券買取,旅行券買取
・外貨(米ドル)買取
・金買取,プラチナ買取
・金貨買取,コイン買取

≫今日の買取価格はこちら

店頭買取、店頭販売のお店です
営業/日祝休
平日11〜18:30

金券ショップ 江東区

土曜12〜17:00
お店の行き方≫
お問合せ≫
金券ショップ 門前仲町駅3番マクドナルドならび
マックと床屋のサインポールが目印
東京都江東区門前仲町1−8−8
金券ショップ チケットクラブ すぐお電話下さい

 

株式優待券

 

株主本人の遺産整理の場合では、
銀行の口座ではありませんので凍結されずに相続人のものとなります。

 

ここまでは良いのですが、手元にある株式は、
誰かに売却しない限り継続しています。

 

株主としての権利(配当、株主優待券など)
を忘れずに貰う事にしましょう。

 

貰う事になった株主優待券は、
自分で使わなければ誰かに売ることになります。

 

お勧めはお近くの金券ショップが一番です。

 

ちなみに買取りで人気の株主優待券は、
ANA株主、JAL株主、飲食株主、鉄道株主、
行楽株主、他にも多くの優待チケットがあります。

 

あの有名なディズニーリゾートでさえ、株主様には
無料1日パスポートを所有株数に対して無償で提供しています。

 

こんな強力な株主優待券なのですが、
たったひとつの弱点もあります。

 

それは何かと言いますと、
すべての株主優待券には有効期限があることです。

 

一般的なもので6ヶ月、最大で1年くらいでしょうか。

 

ですので、なるべく早く買取りなどに対応をしておかないと、
有効期限が過ぎてしまったらただの紙になってしまうということです。

 

もし、自分で使う予定がないのであれば、
有効期限が少なくなる前に金券ショップなどで、
早めに売却をする計画を立てておきましょう。

 

以前ですが、買取店店長シバのお店で体験した話なのですが、
当店買取りした買取金額3万円以上もする鉄道系の券を、
今まで知らずに何年も捨てていたそうです。

 

その理由は、自分で使うことがないからでした。

 

つまり、自分で使うことがなけばれ、
意味がないわけですので、捨ててしまうしかないと考えたそうです。

 

たまたま、当店金券ショップに寄られたときに、
この券のことで質問をされました。

 

買取価格を知ってとても驚かれていました。

 

だって、今まで捨てていたものが、
3万円以上のお金をもらえることになったからです。

 

ほんとに良かったですね、
という言葉しか店長シバは言えませんでした。

 

自分で使うことが無くても、誰かにとってはお宝ということもあります。

 

ですので、簡単に捨てることをしないで、
最寄りの金券ショップに行って査定をすることにしてみましょう。

 

株式優待券 買取

関連ページ

古い年賀、はがき、かもめーるの買取とは
古い年賀、古いはがき、古いかもめーるなどがでてきたときの買取方法をまとめてみました。多くの方が捨ててしまうことがある品物です。なぜ捨ててしまうのかと言いますと、たぶんですが面倒くさいからではないでしょうか。ここではそれをしっかりとお金に換える方法が書かれています。
金貨、コインの買取とは
金貨、コインの買取とは、まさに、突然遺品の整理中の見つけた金貨、コインです。このようなものの買取となるのですが、金貨やコインは外国製、国産製があり、それによって買取ができたり、できなかったりしますので、ちゃんとしたお店での鑑定が必要となります。
金、プラチナ、ダイヤモンドの買取とは
金、プラチナ、ダイヤモンドの買取は、基本金貨、コインなどと同じなのですが、特にダイヤモンドが付いているものですと、さらに注意が必要となります。なぜならば、地金を買取のとダイヤモンドは訳が違うからです。地金だけでしたら、複数の買取店との競合で良いのですが、ダイヤモンドに関してはできるだけダイヤ専門店などで買取査定をしてもらうことをお勧めします。
古い商品券、古いビール券の買取とは
古い商品券、古いビール券の買取は、古いものであっても基本買取値段がつきます。ただし、最近ではビール券に有効期限があるように、この期限を過ぎると紙になってしまいますので、なるべく早く買取のお店に買取依頼をすることにしましょう。