遺産整理切手買取りの注意点とは

MENU

遺産整理切手買取りの注意点とは

遺産整理で出てきた切手、記念切手を買取に出したいと考えている方もおられるでしょう。

 

切手買取は切手買取専門店や金券ショップで売ることができますが、売るときにはいくつかの注意点があります。

 

その注意点を知らないと高く売れない、または損をしてしまうことがあるのでよくチェックしておいてください。

 

切手買取で覚えておきたい注意点には、買取できる切手とできない切手があること普通切手と記念切手で価格が違うこと高価買取するためのコツがあること買取価格には変動があることなどです。

 

ここでは注意点を一つ一つ取り上げてチェックポイントとしてご紹介します。

 

切手、記念切手買取りでの注意点とは

 

買取りできない物とは

 

まず、切手、記念切手買取では買取りできない物があるのでそれを確認しておいてください。

 

買取できないものとは、古くて使えない老朽化したボロボロの切手、切手の半ばが切れてしまっている物です。

 

切手、記念切手買取では、まだ使えることを基準に買取を行いますので価値がないと判断された場合は買取ができません。

 

買取店によって買取ができることもありますが、使えない物は売れない可能性があると思っていいでしょう。

 

また、消印が押されている切手、記念切手は基本的に買取りをすることができません。

 

切手と記念切手の買取り価格の違いとは

 

次に、普通切手と記念切手で買取価格が異なることも覚えておきましょう。

 

金券ショップ チケットクラブでは、現行の普通切手の買取りが高く、記念切手の買取りはそれより低くなります。

 

また、普通切手と言いますのは、現行で使われているものとなりますので、普通切手であっても新しい物が発行されている場合は記念切手の買取り価格となりますので注意が必要です。

 

シートとバラでの買取り価格の違いとは

 

切手にはシートになったものとバラのものがありますが、このいずれであるかによっても価格は違います。

 

シートとは、四隅に枠がある切手のことで、糊落ちや汚れのないもの。

 

バラ切手とは、シートになっていないバラになったものです。

 

なぜ、シートとバラで買取り価格に違いがあるかと言いますと、普通切手の場合ですとその切手を買いに来る相手は会社の経理さんだからです。

 

金券ショップで少しでも節約するために切手を買いに来る訳ですが、管理の都合からバラバラ切手の人気は低くなります。

 

切手を販売するときに人気のあるものは高くなり、人気の低い物は安くなると考えればよいと思います。

 

切手の額面金額で買取り価格が違うこと

 

切手、記念切手はそれぞれ額面の金額が違います。切手額面の金額に対して●%の掛け率で買取り価格を計算するのですが、切手額面の違いでその掛け率が違ってくるからです。

 

どうしてこのようなことになるかと言いますと、郵便局での手数料が関係しています。つまり、100円の切手も1円の切手も同じ手数料5円がかかるからです。

 

100円の切手で5円の手数料ですと95円となるのですが、1円切手ですと-4円となるからです。

 

実際の買取りでは、この理由から切手額面によって買取り金額に違いがあるのです。

 

切手を台紙張りすると高く買取りできる場合があること

 

切手はバラで売るよりも、一続きにして出品したほうが高く買い取ってもらえるといわれています。

 

その方法の一つが台紙張りですが、バラになった切手は、手間はかかりますが台紙張り切手にして売ることによって高価買取してもらえる可能性があるので、よく覚えておきましょう。

 

年賀はがき買取り、かもめーる買取りでは、消印制度の関係で表側に住所の記述がなければ買取りをすることができること

 

年賀はがきとかもめーるについては、まだ使用できるかどうかが買取の基準となりますが、表に消印がなければ使えるので、そうしたはがきは買取できることを知っておいてください。

 

買取り価格には変動があること。特に、年賀はがき買取り、かもめーる買取り

 

切手買取、年賀はがき、かもめーるもそうですが、買取価格のレートはさまざまな要素によって日々変動しています。

 

同じ物でも売るタイミングによって家格は異なるので、どこで売るかに合わせて、いつ売るかという点もよく考えておく必要があります。

 

切手シートだけではなくバラバラになっている切手買取りができること

 

バラバラになった切手は買取できないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

まだ使用できるもので、状態がよければ、シートじゃなくても買取してくれるところはあります。

 

まして希少価値の高い切手であれば、バラでも高価買取されることも珍しいことではありません。

 

むしろバラの切手を売りたいと思っている方は、バラであることよりも、買取に出すまでの保管状態を注意しておいてください。

 

貴金属買取りでは、古くて壊れている金の買取りも大丈夫です

 

古くて壊れた貴金属は買取できないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

状態と見た目のいい貴金属は、それはそれで値打ちがありますが、古くて壊れた貴金属であっても買取はちゃんとできます。

 

なぜできるのかといえば、業者によってはそれを素材として高く評価して買取ることができるからです。

 

見た目は悪くても溶かして再利用することができれば、十分価値があると判断されることもあるのです。

 

よって、古びた外観の貴金属であっても、素材が一級品であれば新品の貴金属より値打ちが付くこともあるのです。

 

切手、記念切手買取り注意点のまとめ
1、買取りできない物とは
2、切手と記念切手の買取り価格の違いとは
3、シートとバラでの買取り価格の違いとは
4、切手の額面金額で買取り価格が違うこと
5、切手を台紙張りすると高く買取りできる場合があること
6、年賀はがき買取り、かもめーる買取りでは、消印制度の関係で表側に住所の記述がなければ買取りをすることができること
7、買取り価格には変動があること。特に、年賀はがき買取り、かもめーる買取り
8、切手シートだけではなくバラバラになっている切手買取りができること
9、貴金属買取りでは、古くて壊れている金の買取りも大丈夫です