遺産整理で古い年賀、古いはがきの買取りをする

MENU

遺産整理で古い年賀、古いはがきの買取りをする

古い年賀はがき買取り

 

あまりに古い年賀やはがきは買取りができないと思っている人も少なくありません。

 

でも実際には古い年賀やはがきでも、その状態によっては買取することができます。

 

したがって古い年賀やはがきを所有している人は、簡単に処分を決めてしまう前に、買取に出してお金に換えられるかどうかを確認してみましょう。

 

ただし、持込業者、買取方法、売るタイミングなどによって買取り値段は変わるので、その点だけは注意してください。

 

古くなったはがき、年賀、かもめーるなども場合によっては買取りが可能なこと。表側に記述(住所、送り先の名前)がなければ買取りが可能なこと。

 

古い年賀はがき買取り

 

古くなったはがき、年賀、かもめーるであっても、状態によっては買取可能なので、まず買取可能な状態にあるかどうかをチェックしてください。

 

確認方法は、すでに使用したものか、それとも未使用かという点です。

 

もしすでに使用したものであれば、残念ながら買取りはできません。

 

しかしまだ未使用であれば、古くても買取することは可能です。

 

未使用かどうかを確認する方法は、年賀やはがきの表側をチェックすることです。

 

そこに消印や記述がなければ、未使用ということになり買取することができます。

 

表側の記述とは、住所、送り先の名前が書いてあるのかどうかです。

 

基本はこれとなるのですが、住所、送り先の名前が書いてある場合でもOKとなることがあります。

 

なぜならば、郵便局での未使用の定義とは使っていないことだからです。

 

うっかり住所、送り先の名前が書いてある未使用もあるのではないでしょうか。

 

これの判断は郵便局でされますので、このような未使用の年賀やはがきを持っている場合は郵便局に行くことになります。

 

古い年賀、古いはがきの買取価格にも変動があります。

 

さて、年賀にしろはがきにしろ買取価格は一定ではありません。

 

使用品か未使用品か、古いか新しいかという問題もありますが、どこに査定に出すかという問題もあります。

 

すなわち、どこの買取業者を選ぶかによって価格が左右されるということがあります。

 

適正な評価額を付けてもらう点でもっとも安心なのは、年賀はがきを専門に扱っている金券ショップでしょう。

 

この買取店なら、買取りに熟練した人がいて、高度にまた専門的に鑑定を行って適正価格を出してくれます。

 

一方、業者選びだけではなく、売るタイミングも重要になります。

 

なぜなら、買取相場は常に一定ではなく変動しているからです。

 

相場が高くなる時期もあれば低くなる時期もありますが、上昇期に売らないと高く買取してもらうことはできません。

 

ですから相場の動きをよくみて、上昇期のいいタイミングで売れるようにしましょう。

 

たとえば、年賀はがきで言いますと、その年賀はがきが流通しているときが一番高い買取りとなります。

 

27年度11月に新規で販売したものでしたら、11月に販売してからその年の12月末ごろまでが特に高価となり、年を超えてしまうとやや値下がりとなります。

 

古い年賀や古いはがき買取りでの悪徳業者とは

 

さて、古い年賀や古いはがきを買取りに出すときは、悪徳業者にも注意しなければなりません。

 

業者の中には、相場に比べて不当に安い値段で買い叩こうとするところもありますが、そういう悪徳業者には注意しなければなりません。

 

安く買い叩かれることを防ぐためには、こちらが事前に買取り相場を知っておくことです。

 

こういう状態ならいくらで買取されるのが適当か、そうした相場や適正価格を知っておけば買い叩かれることはありません。

 

また、相場の知識を持っておくことで業者に対して交渉力をもつことになるので、対等な関係で価格交渉を行うこともできるようになります。