遺産整理で金、プラチナ、ダイヤモンドの買取りをする

MENU

遺産整理で金、プラチナ、ダイヤモンドの買取りをする

遺産整理 金

 

品名:ウェディング指輪 品名:Pk指輪 品名:K18指輪

ウェディングリング


ノーブランドのウェディングリングです。プラチナ枠に小さ目のダイヤモンドでしたがこの買取値段になりました。

買取りOKです!

k18買取り


K18リングにプラチナの指輪です。K18メインの計算となりましたがこの買取値段となりました。

買取りOKです!

K18買取


K18金の指輪です。デザインが古いものですが重さがありましたのでこの買取値段になりました。

買取りOKです!

品名:K18指輪 品名:K18甲丸指輪 品名:K18指輪3個

K24買取り


K18金の指輪です。壊れてしまっているものですが買取りは大丈夫です。


買取りOKです!

金買取り


K18の甲丸指輪です。デザインは古い物ですが重さがあるためこの買取値段となりました。

買取りOKです!

プラチナ買取り


3つの指輪の買取りとなりました。3本の矢ならず3個の指輪です。

買取りOKです!

 

あなたは金 プラチナ の買取を体験されたことはありますか。

 

最近の金、プラチナの高騰もあり貴金属買取のお店が竹の子のようにどんどん開店しています。

 

新聞にはたくさんの貴金属買取のチラシが入ってきます。

 

ただ残念なことに、このほとんどのお店ではお客さんの知識不足もあって、相場よりかなり安く貴金属を買い叩かれているのが現状のようです。
お店によっては当店買取価格の1/2、あるいは1/6買取なんて話も聞いたことがありました。

 

たとえば、6万円貰えるのに1万円の買取金額になったらあなたはどう思いますか。

 

そのようなお店の手口は、貴金属ごとのそのお店の買取りレート提示もせず、ひとつひとつの重さの提示もなかったそうです。

 

あるお店では、その日の金相場とプラチナ相場のだけの表示があったのが笑えました。

 

貴金属ごとの買取りレートとは、その日の相場ではなく、そのお店でのK18でしたらK18の1グラム当たりの買取レートをいいます。

 

経済の厳しい世の中、少しでも金 プラチナ買取金額を上げるため「買い叩き対策」を皆さんにお伝えします。

 

でも難しいことはひとつも無く、貴金属買取に素人の方でもここに書いてあることをしっかり実践すれば買い叩きにあわなくて済みます。

 

金 プラチナ買取で注意するポイントとは。
1,毎日変動するレートを「お店の買取りレート」として提示していかどうか。
2,金 プラチナ の重さを個別に提示しているかどうか。
3,金 プラチナの買取金額を個別に計算して提示しているかどうか。
4,金 プラチナの鑑定作業を見せているかどうか。
5,買取り金額から手数料、蒸発料などのマイナスはないかどうか。

 

ですので、

 

個別買取レートも教えず、重さも教えず、鑑定作業も見せず、支払いは「全部でいくら」で金額を払うお店には注意が必要です。

 

また、チラシに「こんだけでこんな価格で買取っています」と買取金額と写真で掲示されている場合についてですが、その金額の根拠となる「重さ」「1グラム当たりの個別買取価格」を提示していない場合がほとんどですのでしっかりと確認しましょう。

 

新聞折り込みチラシの広告はマーケッティングという意味ではとても大切なものです。

 

顧客ニーズを的確につかんで計画を立て、最も有利な方法を選ぶとともに、買取り需要の増加を図ることができるからです。

 

ですが、過大な広告チラシ展開や、派手なお店に関しては、多額な費用が必要なチラシ広告代金、お店に払う家賃代金、社員に払う人件費代金、そしてプレゼントなどの贈答代金、さらには友達を紹介してもらったときに払う紹介代金、抽選代金、クーポン券プレゼント代金、また店頭でお客様に出す飲食代金とちょっと考えただけでもこんなに多くの経費をかけているわけです。

 

これだけ多くの経費を掛けていて、高い買取りを実現することができるのでしょうか。

 

だって、この経費のすべては、お客様から買取をした商品代金からマイナスされているからです。

 

ですので、派手な広告チラシに思考停止とならないで、しっかりと自分の頭で考えて判断することが大切になります。

 

是非、貴金属店へ買取りに行くときは上記の「金 プラチナ買取で注意するポイントとは」をメモしておくと良いと思います。

 

そして、メモの項目に対してひとつでも疑問を感じたならば、そのときは「即撤退」をすることが一番良い選択のように思います。

 

たとえば、「K18の買取レートはいくらですか」の問いに対して、

 

「うちのお店のK24の買取レートはいくらです」とか「うちはK24のレートでの買取をしています」と話を違う方に持って行かれた例も聞いています。

 

他にも、K18買取レートをしつこく聞いても教えてもらえないとか、「だいたい」とか「たぶん」「K24から●%安い」などのように抽象語を多く使ってきたら要注意と思った方が良いようです。

 

また、自分の貴金属の重量くらいは事前にチェックしておきましょう。

 

できたら、複数のお店の買取りを聞くことができたらより良いと思います。

 

金 プラチナ買取.で失敗しないポイントとは。
1,派手なチラシ広告や派手なお店は要注意が必要。
2,買取りのときは事前に重量だけでも確認をしていきましょう。
3,抽象語を多く使っうお店には要注意。
4,いきなりの出張訪問買取り業者には要注意。

(買取金額は毎日変動があり、買取レートはその日相場に合わせて提示しています。)

 

不用品 回収